通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 星雲 > 星座 > 夏の星座
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 星雲 > 超銀河団 > 局部超銀河団 > 局部銀河群
M17
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:エムじゅうなな
外語:M17
品詞:固有名詞

オメガ星雲。いて座に見られる散光星雲。

別名NGC 6618。

位置は2000年分点で赤経18h 20m 30.39s、赤緯-16°10′29.7″。7.0等級。距離は4,200光年。

星雲中の濃い部分がギリシャ文字のΩに似ているということからオメガ星雲と命名されたが、オメガには見えないという人も多いらしく、他に白鳥星雲、馬蹄星雲(Horseshoe Nebula)、ロブスター星雲など様々な別名がある。

ガス温度は150万〜700万℃に及ぶ。

リンク
用語の所属
17
関連する用語
いて座

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic