通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > インテル
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > x86系 > アーキテクチャー
Nehalemマイクロアーキテクチャー
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:ネハーレン-マイクロアーキテクチャー
外語:Nehalem Microarchitecture
品詞:固有名詞

IntelIA-32(x86)プロセッサーのうち、Core iシリーズ用に開発されたマイクロアーキテクチャー(内部構造)。Coreマイクロアーキテクチャーの系統に属する、発展形のアーキテクチャーである。

目次
概要

Core 2シリーズ用のコアと同時期に、やはり同様にPentium 4の後継マイクロアーキテクチャーとして開発が始まったとされている。

このため当初はPentium 4のNetBurstの拡張が考えられたようだが、NetBurstは失敗作であったことがCore 2で既に証明されてしまっており、大幅な計画変更がなされることとなった。

後継はSandy Bridgeマイクロアーキテクチャーである。

特徴
技術

Nehalemでは、次のような機能が搭載されている。

Pentium 4のNetBurst→Core MAと比べると、Core MA→Nehalemの変更は大きくはない。様々な改良を組み合わせることで、性能の向上を目指している。

処理性能

Nehalemは、最大8コアに対応する。

ハイパースレッディング・テクノロジーで、1コアあたり2スレッドの処理が可能で、8コアでは計16スレッドの並列実行が行なえる。

8プロセッサーまでのマルチプロセッサーを想定しており、システム全体としては最大で64コア、128スレッドの並列処理が可能である。

製品
プロセッサーコア

Nehalemのコアは、Tick-Tockモデルに基づき、2種類のプロセスが想定されている。

ブランド

次のような製品がある。

補足
名前の由来

Nehalemは、アメリカのオレゴン州にある地名だが、イスラエルにもNaharayim(ナハライム)という地名がある。

Intelのプロセッサーは、アメリカのチームとイスラエルのチームが開発していることが知られるが、その両方にある地名から選ばれたとも考えられる。

アーキテクチャー

CoreマイクロアーキテクチャーNehalemマイクロアーキテクチャーSandy Bridgeマイクロアーキテクチャー

リンク
用語の所属
Intel
IA-32
関連する用語
NetBurstマイクロアーキテクチャー
Intel Core 2

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic