通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 単位 > 電気
mAh
辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:ミリアンペアアワー
外語:mAh
品詞:単位助数詞

ミリアンペア時。電荷及び電気量の単位。Ahの1/1000のことで、電池容量などに使われる。1mAを1時間流せると1mAhとなる。

目次
概要

Ahの1/1000であり、1000mAhが1Ahである。

例えば10[mAh]だった場合、10[mA]を1時間、5[mA]を2時間、2[mA]を5時間、1[mA]を10時間流せることを意味する。このうち、10時間で放電する容量を10時間率容量として表現することがある。

但し、現在の充電池などでは、現在はすでに4000mAhといった、Ahの大きさに達した表現も珍しくはない。ミリで表わして大きい状況は、タウリン1000mg配合などに類例が見られる。

特徴
SI

mAhは頻用されるが、しかしこれは国際単位系の単位ではない。

理由は、時間として、(s)ではなく時(h)を掛けてしまったためである。

SIではクーロン(C)=[A・s]で表現され、1[mAh]=3.6[C]である。

mWh

mAhは充電池の容量表記で最も一般的な単位で、市販製品は概ねこの単位で表記される。しかし充電池によっては、mWhで表記しているものもある。

近年は充電池も大容量となってきたが、充電池の容量は今もAhではなくmAhで表記するのが一般的である。

リンク
関連する用語
アンペア
クーロン
Ah

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic