通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 演算子
++
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:プラスプラス
外語:++
品詞:名詞

Cおよびその影響下にあるプログラミング言語で、インクリメント演算子

目次
概要

1項演算子である。整数型または実数型の変数に対して前置または後置で用いる。

++hoge;

hoge++;

それぞれ、前置インクリメント後置インクリメントと呼ばれる。

特徴
言語

次のような言語で主に使われている。

Ruby

Cの影響下にある言語で、++や--に対応していない例としてはRubyPythonがある。

RubyやPythonでは、代入演算子はあるが、インクリメント演算子やデクリメント演算子がない。

hoge++;    # 不可
hoge += 1; # 可

他の言語なら変数は箱だが、RubyやPythonでは数そのものであることに理由がある。

そして、例えばRubyにおいて数とはIntegerクラスではなくそのサブクラスであるFixnumクラスまたはBignumクラスのオブジェクトである。これはイミュータブル(immutable)なオブジェクトであって、オブジェクト自体を破壊的に変更することはできない。このため変数自体を破壊的に変更することを示唆する++や--演算子は実装されていない。

代入演算 += や -= は、内部で hoge = hoge + 1 などに展開されて解釈されるため使用できる。

リンク
用語の所属
演算子
関連する用語
インクリメント
--

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic