通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 著名人・技術者
アラン・カーティス・ケイ
辞書:電算用語の基礎知識 技術用語人物編 (TYMAN)
読み:アラン-カーティス-ケイ
外語:Alan Curtis Kay
品詞:人名

ゼロックスPARC出身の研究者の一人。電子計算機科学者。

目次
個人情報

プログラミング言語Smalltalkの開発と、パーソナルコンピューターの構想の功績をたたえられ、2003(平成15)年のA.M.チューリング賞を受賞した。

特徴

1970年代にPARCで今日のパーソナルコンピューターの原型となる「Alto」の開発に携わった後、Apple Computerへと移り、Macintoshを開発し世に送り出した「パソコンの父」である。

但し、ケイ本人は、ダグラス・カール・エンゲルバート(Douglas C. Engelbart)こそがパソコンの父であると発言している。

マルチメディア界随一の論客でもある。

理想のパーソナルコンピューターの概念「ダイナブック」を提唱した。

リンク
関連する用語
パーソナルコンピューター
ダイナブック (アラン・ケイ)
A.M.チューリング賞
ダグラス・カール・エンゲルバート
PARC
Apple Computer

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic