通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD > アプリケーション規格 > 用語
エンコードK2
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:エンコード-ケイトゥー
外語:ENC K2: Encode K2
品詞:固有名詞

CD-DADVD-Audioなど、ディジタルオーディオディスクの音質向上を図る技術。

目次
概要

日本ビクターとビクターエンタテインメントが開発し、2002(平成14)年10月29日に発表した。

オリジナルマスターテープからCDフォーマットへのエンコードでは、わずかに音質の劣化が存在する。この過程での音質劣化要因を除去し、高音質化するのがエンコードK2技術である。

特徴

発表は、ビクターのコピーコントロールCD(以下CCCD)導入と同時であった。

CCCDを採用することによる音質の悪化を僅かに抑える働きがあるとされるが、CCCDの音質低下問題はマスターテープ→CCCDで発生する僅かな音質低下ではなく、CCCD→再生の部分で発生するかなりの音質低下である。

現実には、CCCDに採用した時点で、どのような手を講じても真っ当な音質は維持できなかった。

リンク
用語の所属
K2
関連する用語
CD-DA
DVD-Audio
コピーコントロールCD

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic