通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術 > 同期・走査
ジッタ
辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:ジッタ
外語:jitter
品詞:名詞

微細な揺れや変動のこと。英語の原義では、いらいら、神経過敏。

目次
概要

電子計算機の世界でも、様々な微細な揺れを、ジッタと表現する。

特徴

例えばCDDVDなどの記録情報は、盤面の穴(ピット)の有無、つまりディジタルの0/1値で記録されており、プレイヤーはそれにレーザーを照射して読み取る。

しかしそれで読み取られた結果はアナログ値であり、ある規定の値(しきい値、または閾値と言われる)を境として0/1というディジタル値に変換する。

しかし、ディスクの状態などによりピットとピットでは無い部分の境目などで閾値を経由する信号の振動を招き、ノイズ的な信号となってしまうことがある。これをジッタと呼んでいる。

リンク
関連するリンク
http://pioneer.jp/crdl/tech/dvd/2-2.html
関連する用語
電子計算機
ディスプレイ
変換
フリッカー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic