通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 入力装置 > キーボード
スキャンコード
辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:スキャンコード
外語:scan code
品詞:名詞

キーボードキーを押したり離したりした時にキーボードから送信される符号(コード)。

目次
概要

キーボードごとに大きく異なるため、OSでの対応では、キーボードの種類ごとにデバイスドライバーが用意されている。

基本は、キーが押されたときはメイク、離されたときはブレイクといい、それぞれのタイミングでメイクコード/ブレイクコードを送信する。

そのコードはキーボードやキーによって様々だが、メイクコード/ブレイクコードはどちらも1バイトを基本に、MSBが0か1かでメイク/ブレイクを区別するものが多い。また現在のキーボードは初期のキーボードよりキー数が増えているため、0xF0などのプリフィックスを加え2バイトで表現されるキーもある。

特徴

多数のキーがあるが、Pause・Breakキーだけは特殊で、キーリピートに対応せず、押された段階で即メイクコード/ブレイクコードの双方を送信する。従ってこのキーについては、離されたタイミングを知ることは出来ない。

Windoesなどではキーコードを変更することでキーの機能を変えるソフトウェアがあるが、Pause・Breakキーだけはこのような仕様のため、キーの機能を変えることが出来ない。

リンク
関連する用語
キーボード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic