通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > ファイル属性
スティッキービット
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:スティッキービット
外語:sticky bit
品詞:名詞

UNIXにおけるファイル/ディレクトリが持つ属性(パーミッション)の一つ。

目次
概要

chmodでは4桁の数値を用いて指定され、最上位の数値のビット0が立っていた場合(つまり1)に、この機能が有効となる。

特徴
用法

通常はプログラムの実行が終了すると、そのプログラムが使っていたメモリーは開放される。

このビットを立てておいたプログラムはメモリーを開放しないので、ccのように何度も連続して実行するプログラムには便利。但し、現在のUNIXはメモリー管理が良くなっているので、実際には意味を持たない(例えばFreeBSDでは無視される)。

ディレクトリ

ファイルに対しては無視される時代になってもなお、ディレクトリに対しては使われている。

例えば、ディレクトリのパーミッションが「666」の場合、そこに誰かがファイルを作成しても別の誰かが消すことが出来る。

更にこのビットを立てておくと、誰でもファイルの読み書き許可があり、かつ誰でもそのディレクトリにファイルを作ることができるが、そのファイルを消したり名前を替えたりパーミッションを変えたり出来るのはその持ち主(と管理者)だけ、ということが実現出来る。

表示

lsの表示では、他人の実行権の「x」が「t」と表示される。

drwxrwxrwt   3 root     wheel        1024 Jun 26 05:17 tmp/
リンク
用語の所属
パーミッション
ファイル属性
関連する用語
ファイル
ディレクトリ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic