通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > メモリー > RAM > アクセス方法
デュアルチャンネル
辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:デュアルチャンネル
外語:Dual Channel
品詞:名詞

チャンネルを二重化して用いる技術のこと。

概要

DDRメモリーの場合、通常は64ビット幅であるが、このメモリーを二枚単位で使うことで128ビット幅とし、理論上は倍の速度でデータ転送を可能にする技術をいう。同容量、同規格、同仕様であることが条件である。

メモリーモジュールを二枚以上搭載する場合、さらに「インターリーブ」にして使われることも多い。

リンク
関連する用語
DDRメモリー
インターリーブ
トリプルチャンネル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic