通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 入力装置
トラックボール
辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:トラックボール
外語:truck ball
品詞:名詞

装置上面に付いたボールを指で回転させて使うポインティングデバイス

目次
概要

GUI環境では、マウスのようにポインターを動かすことができる装置である。

機構はマウスと同様であるが、マウスとは違い装置自体は移動しないため、狭い机の上などでも使用でき、愛用者も多い。

特徴
光学式

マウスと同様、光学式トラックボールというものもある(開発はLogitec)。

通常のトラックボールはボールの回転がセンサーに物理的に伝わる事でポインターを移動させているが、チリやホコリなどに弱く、メンテナンスが欠かせなかった。

光学式は、ボール表面の模様を内蔵のセンサーで読み取る事により、センサーとボールが非接触になり、これらの問題を解決できる。

リンク
用語の所属
ポインティングデバイス
関連する用語
デバイス
GUI
マウス
ユーザーインターフェイス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic