通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 実装定義
ヒュージモデル
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ヒュージモデル
外語:huge model
品詞:名詞

x86シリーズの16ビットモード(リアルモード)でのプログラミングで使うメモリーモデルの一つ。

目次
概要
特徴

コードセグメント・データセグメントともに1Miバイト(hugeポインター)で構成されるもの。

大きなプログラムで大きななデータを扱う時に使われる。

ラージモデルの場合は一つの変数の最大サイズはnear/farポインターのオフセットの範囲内であり64Kiバイトに制限されていたが、このヒュージモデルでは変数をhugeポインターで扱うことができ、大きな変数を処理できる。

Microsoft C 5.0から対応した。

リンク
用語の所属
メモリーモデル
関連する用語
nearポインター
farポインター
hugeポインター
ラージモデル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic