通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 用語・俗語 > 技術 > ハードウェア
ラップアラウンド
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ラップアラウンド
外語:wrap around
品詞:名詞

桁溢れした時には、溢れた部分が切り捨てられること。数値が最大値を超えると、0に戻る。

目次
概要

例えば16ビットで考えると、数値は0〜0xFFFFまであるが、0xFFFFに1を加えると0となる。

また、データのアドレスを考えると、例えばアドレスバス幅は16ビットだが「10ビットしか結線されていない」ような場合、0〜0x3ffまではそのまま表現されるが、0x400は0を示したのと同じになる。

特徴

演算においては、ラップアラウンドか否かというのは、重要な要素である。

ラップアラウンドの演算は、値が飽和したかどうかだけを考慮すればよいため、一般に高速である。状態についてはキャリーフラグに格納される。

リンク
関連する用語
飽和演算

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic