通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > プログラミング > 技術 > 一時記憶
ローカルヒープ
辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:ローカルヒープ
外語:local heap
品詞:名詞

Win16環境すなわちWindows 3.1までの環境における、ヒープ領域の一つ。対するのはグローバルヒープである。

Win16の16ビット環境はセグメント単位でメモリーを管理しており、各アプリケーションには一つ以上のローカルヒープが割り当てられる。そのサイズは一つのセグメントで最大64Kiバイトであり、オフセットだけでアクセス可能である。

アクセスするためには、LocalAlloc・LocalFreeというAPI関数を使う。

Win32以降では32ビット以上のアドレスにフラットにアクセス可能となったため、ローカルヒープ・グローバルヒープといった概念は廃止され、両者は区別されていない。互換性維持のため、Win32でも、このヒープ領域にアクセスするためのAPIは残されている。Win32ではKERNEL32.DLLにある。

リンク
用語の所属
ヒープ
Win16
関連する用語
グローバルヒープ
Win32
KERNEL32.DLL

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic