通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 関連用語
垂直磁気記録方式
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:すいちょく-じききろくほうしき
品詞:名詞

磁気媒体での記録方式の一つ。磁気ヘッドからの磁界が記録層に対し垂直方向に向かうもの。

目次
概要

ハードディスクのような大容量磁気ディスクにて使われる。

初期のハードディスクは面内磁気記録方式が使われていたが、現在のものは殆どが垂直磁気記録方式を用いている。

特徴
記録

従来の面内磁気記録方式が、ディスク面に対して水平(横方向)に磁気を記録していたのに対し、垂直磁気記録方式は垂直(縦方向)に記録する。このため記録情報一つあたりの表面積が少なく済み、記録密度を大幅に高めることが可能となった。

しかしこの方式では、磁気ヘッドからの磁界を垂直方向に送るため、記録層を通過させてから再び磁気ヘッドに戻す必要があり、このために媒体は、記録層の下に下地層(軟磁性下地層、SUL)を追加する必要がある。

この理由により媒体の製造が難しく、関連する特許も多数存在する。そのために量産可能になるまでに長期を要し、原理が提唱されてから実用化されるまで20年以上を要した。

世代

昭和電工によると、昭和電工の垂直磁気記録方式ハードディスクは、記録容量に応じて次のように世代で区分されるとしている(単位は、ギガバイト/枚)。

 2.5インチ3.5インチ
第1世代80160
第2世代120250
第3世代160334
第4世代250500
第5世代334750
第6世代5001000
第7世代670 
リンク
関連する用語
面内磁気記録方式
ハードディスク

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic