通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様
抽象化
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ちゅうしょうか
外語:abstraction
品詞:さ変名詞

着目する要素/概念を制限して必要なものに限ることで、保守性の向上を目指すプログラミング言語の機構。

概要

抽象化は古くより試みられ、手続き指向プログラミングの時代から存在した。

手続き指向では手続きがまず抽象化され、構造化プログラミングが提唱されてからは手続きとデータはひとかたまりにして両方が抽象化された。データを外部から保護する「カプセル化」と情報隠蔽も、この頃に発案された。

オブジェクト指向プログラミングは更にその延長線上にあり、これら全てを取り込んだ上でデータ型の共通性を継承によって明確化させた。

リンク
関連する用語
プログラミング言語

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic