通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 演算子
条件演算子
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:じょうけん-えんざんし
外語:conditional operator
品詞:名詞

一つの条件式に応じて、二つの項のいずれかを選択する演算子。三項条件演算子、あるいは単に三項演算子とも。

目次
概要

プログラミング言語には概ね存在する、if〜then〜elseの条件分岐を、演算子として実装したもの。

C/C++の ? : が代表的だが、JavaJavaScriptC#PerlPHPRubyなどCの派生言語や派生スクリプト言語にもこの仕様は継承されている。

C/C++

C/C++では、三項演算子は条件演算子しかないため、条件演算子の別名として三項演算子と呼ばれることもある。

書式は次のとおりである。

条件式 ? 真式 : 偽式

条件式がtrueであれば真式、falseなら偽式が選択される。

次のようなif文があったとする。

if ( a > b )
{ c = d; }
else
{ c = e; }

条件演算子を用いると、次のように書き換えることができる。

c = ( a > b ) ? d : e;

条件演算子は殆どの場合、右辺値として使用されるが、左辺値として使用する事も不可能ではない。但し、?:演算子は他の演算子と同様に値を産み出すが、値には代入できない。

つまり、以下は使用できないが

((condition) ? a : b) = c;

値からポインターを作る方法を用いれば、これも可能である。以下は使用できる。

*((condition) ? &a : &b) = c;
リンク
用語の所属
演算子
三項演算子

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic