通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 演算子
->
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:アロー
外語:->
品詞:名詞

C/C++において、構造体のメンバーを間接参照するために使う演算子の一つ。

概要

C/C++では、構造体が実体または参照であるときはドット演算子(.)でメンバーにアクセスすることができる。

構造体.メンバー;

しかしC/C++では、構造体を扱うとき、実体や参照ではなく構造体に対するポインターである場合がある。この時は間接参照となるため、その場合に使うのがアロー演算子(->)である。

構造体へのポインター->メンバー;

これは構文糖であり、次のように書いても同義である。

(*構造体へのポインター).メンバー;

つまり、(*pointer).fieldをpointer->fieldと書くことができ、簡潔になる。

リンク
用語の所属
C
C++
関連する用語
構文糖

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic