通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Unix > BSD
BOW
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:バウ
外語:BOW: BSD On Windows
品詞:商品名

Windows 3.1および95/NT用のBSDエミュレーター。太田博志により開発されたもので、WindowsのファイルシステムをそのままでUNIXが利用できる。

これはアスキー出版局から書籍として販売されているもので、大きな本屋で購入できる。1995(平成7)年3月にWindows 3.1用のVer1.0が出版され、1996(平成8)年5月にWindows 3.1/95/NTに対応したVer1.5が出版された。Ver.1.5はISBN4-7561-1903-4である。

BSDのキャラクター端末(コンソール)エミュレート機能、ノンプリエンプティブマルチタスク、x86系BSD(FreeBSD等)のバイナリが(一部を除き)そのまま動作可能、シンボリックリンク利用可(Ver 1.5)、ロングファイルネーム対応(Ver 1.5)、DDEを利用してWindowsとの連携が可能、などの特徴を有する。

但しWindowsの実装である関係上、シングルユーザー(rootのみ)である。

X Window Systemなどのグラフィック系のソフトは動作しないが、本来はEmacsをWindowsで使うために作られたものであるため、ほぼフルセットのEmacs(Mule)が利用できる。更にsed、awk、Perlgrepなども勿論利用できる。

リンク
関連するリンク
BSD on Windows Version1.0
BSD on Windows Version1.5
関連する用語
BSD

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic