通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > システム > ライブラリ
DLL
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ディーエルエル
外語:DLL: Dynamic Link Library
品詞:名詞

Microsoft Windowsで用いられる、動的リンク(ダイナミックリンク)用のライブラリのこと。機能単位でモジュール化されているのを特徴とする。

目次
概要

動的リンクは、プログラム読み込み時、または実行時に、別にモジュール化されたライブラリを読み込むようにしたものである。実行ファイルそのものには処理系が含まれないために、コンパクトになる。

また別のモジュールになっているので、バグが発見された時も、このモジュールだけ修正すれば、一斉にバグ退治が出来るという利点もある。

これは逆に、一斉にバグる可能性もあるということで、例えばWindows 95Windows 98の時代には、オペレーティングシステム(OS)が利用するDLLをアプリケーションインストール時に書き換えてしまい、OSの動作が不安定になる現象が見られた。

特徴

動的リンクには、次の二通りの方法がある。

ロード時動的リンクは、プログラムをコンパイルしリンクする際にリンカにDLL名を指示しておき、プログラムの起動時にモジュールのロードを行なう。指定のDLLが環境に無い場合にはプログラムが起動出来ない。

実行時動的リンクはDLLをロードする命令をプログラム中に記述し、プログラムの実行中の任意のタイミングでモジュールのロードを行なうため、DLLがない場合の挙動をプログラマーが決定できるが、プログラミングが瀕雑になるという難点もある。

リンク
関連する用語
Microsoft Windows
ライブラリ
モジュール
動的リンク

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic