通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > 文書 > SGML > HTML
DOM
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:ドム
外語:DOM: Document Object Model
品詞:名詞

XMLHTMLのようなマークアップ言語で記述された文書を操作するためのインターフェイス。DHTML(ダイナミックHTML)を実現するために使われる。

目次
概要

DOMは、ドキュメントをドキュメントツリー(文書ツリー)というツリー構造で扱う。

文書中の様々な要素、属性、文書などをそれぞれオブジェクトとみなし、オブジェクトが集合したもの(階層関係)を文書であるとみなす。

それぞれのオブジェクトを「ノード」と呼び、DOMは、この各ノードに対して、抽出、追加、置換、削除などの操作をするための汎用的な手段を提供する。

現在はDOMの標準化も行なわれてはいるが、文書ツリーの解釈はWebブラウザーごとに微妙に違っているため、問題となることも多い。特に、要素間の空白や改行の扱いが違っている。

特徴
種類

DOMには複数の勧告があり、Level 1から3までが存在する。

DOM Level 1は、XMLを扱う「Core」と、HTMLを扱う「HTML」の二つのオブジェクトから構成されている。

DOM Level 2では、さらに6つのオブジェクト「Views」「StyleSheets」「CSS」「Events」「Traversal」「Range」が追加された。

沿革
リンク
関連するリンク
http://www.w3.org/DOM/
http://www.w3.org/TR/DOM-Level-1
http://www.w3.org/TR/DOM-Level-2-Core/
関連する用語
DHTML
オブジェクト

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic