通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体 > 独自のデータ型・構造体
FILE *
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ファイル-アスタリスク
外語:FILE *
品詞:名詞

CC++おける、ポインター変数の型の一つ。ファイルハンドル

目次
概要

C/C++の標準関数等で用意されるストリーム関数、例えばfopen()、fdopen()、freopen()などは、FILE *を返す。

以降、ストリームに対するアクセスはFILE *型変数を用い、使い終わった時にはfclose()をFILE *型変数を入れて呼び出す。

特徴

多くの実装では、FILE型はストリームの情報が格納され、内部で使用される構造体であり、FILE *は、その構造体に対するポインターである。但しCの標準仕様上は、必ずしも構造体である必要はない。

つまり、ポインターであること自体に意味があるのであって、そのポインターが指し示す内容については、プログラマーは考慮する必要がない。実装側からも情報を提供しなければ、プログラマーもその先の情報には一切手を触れない。

ではなぜポインターなのかというと、OSや実装が内部で利用する構造体に対するポインターであるからで、これを各オブジェクトの識別に利用するのである。

ポインターが識別に利用できるのは、次のような条件が整っているからである。

リンク
関連する用語
ファイルハンドル
FILE

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic