通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 方式
FINO
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:フィノ
外語:FINO: First In Never Out
品詞:名詞

スケジューリング方式の一つで、先入れ出てこない方式。ブラックホール。

目次
概要

先に入れたものと後から入れたもののどちらが先に出てくるかというスケジューリング方式の区別をFIFO(先入れ先出し方式)やLIFO(後入れ先出し方式)というが、それと併記することで冗談とするものの一つがFINOである。

どのみち出てこないので、LINOもおそらく同様の効果をもたらすだろう。

特徴

ブラックホール/dev/null書き込み専用メモリーといったものは、入力や書き込み処理は可能だが、出力や読み出し処理ができない。

こういった、入れたら最後出てこないものは、FINOと、言うかもしれないし、言わないかもしれない。

リンク
関連する用語
/dev/null
書き込み専用メモリー
ブラックホール (ネットワーク)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic