通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語名・実装 > Brainfuck系
Grass
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング言語編 (PTPROGN)
読み:グラス
外語:Grass
品詞:名詞

「ちょっと草植えときますね型言語」という、非常に稀有なプログラミング言語

目次
言語概要
由来

書きやすさを無視すれば、プログラムは3文字あれば書き表わすことが出来る。これを実際に証明した他の例に、Whitespaceというプログラミング言語がある。

Grassは、この3文字に、w、W、v、という3文字を割り当てた。

wWv以外の文字はコメントとして無視される。また、最初のwまでの全ての文字も無視される。

元々は設計のみが公開され、第三者によって実装が作られた。

特徴

そもそもなぜ草なのかというと、2ちゃんねるのVIP板と呼ばれる厨房隔離板の厨房が、言葉の末尾にwwwを付けて笑っているさまを表わしていたことに端を発する。

かくしてスレッド内がwwwだらけになると誰かが、草を生やすなと言い出してこれが草となり、やがてAAで草刈りを始める者が現われたのである。

ちょっと草植えときますね型言語Grassは、このふいんき(←なぜか変換できない)をそのまま、プログラミング言語としたものである。

言語仕様

ラムダ計算を元とした言語であり、言語には「関数定義」「関数適用」の二つの操作しかない。

関数定義や関数適用の区切りにはvを用い、vで区切ったうちでwから始まるものが関数定義、Wから始まるものが関数適用である。なお、関数適用が連続する場合はvを省略できる。

Grassはスタックマシンであり、関数適用の結果は、順次スタックに積まれてゆく。スタックは一番上から番号が振られており、この番号で値を取り出すことができる。

リンク
関連するリンク
http://www.blue.sky.or.jp/grass/doc_ja.html
http://www.blue.sky.or.jp/grass/
用語の所属
プログラミング言語

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic