通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > 非接触IC技術 > 非接触IC
IDm
辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:アイディーエム
外語:IDm
品詞:名詞

FeliCaに、製造段階で書き込まれている、ほぼ固有のID番号。

目次
概要

IDmは8オクテット(64ビット)長の数値である。

IDmは簡単に読み出せるため認証などに使うのも便利である。但し連番ではなく乱数を用いているため一意性は保証されておらず、メーカーであるソニーも、ごく稀に重複する可能性があるため厳重なセキュリティを要する箇所では用いるべきではないとしている。

特徴

FeliCaは、一つのICの領域を複数に分割して別の用途に利用することができる。

各機能は「システム」と呼ばれ、システムが幾つあるかは容易に判断できる。

そしてIDmは、各システムごとに異なるものが用意されており、実際にデータにアクセスする際に用いるIDmは、このシステムごとのIDmである。通常取得できるものは一番最初のシステムのIDmであるため、2番目以降のシステムにアクセスするためにはプログラム側で意識してIDmを得る必要がある。

リンク
用語の所属
FeliCa
関連する用語
MIFARE UID

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic