通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 数学 > アルゴリズム > 圧縮 > 用途別分類 > 音声・音楽
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > ITU勧告 > Gシリーズ
ITU-T G.711
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル音像編 (PFAV)
読み:アイティーユーティー-ジー-なないちいち
外語:ITU-T G.711
品詞:固有名詞

電話用の音声符号化の規格の一つで、ITU-T勧告の一つ。

目次
概要

1960年代に、電話音声のディジタル伝送(ISDN)のために開発され、当時のCCITT(現在のITU-T)により勧告された。

300Hz〜3.4kHzの帯域の音声を対象に、サンプリング周波数8000Hz(8kHz)で標本化し、各標本を8ビットで表現することで64kbpsとする。

特徴

量子化の方法は二種類が規定された。

リンク
用語の所属
ITU-T勧告
関連する用語
ITU-T G.726
ITU-T G.723.1

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic