通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様
LP32
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:エルピーさんじゅうに
外語:LP32: long,pointer 32bit
品詞:名詞

データ型モデルのうち、二種類ある主要な32ビット環境のうちの一つ。

目次
概要

32ビットのIP16に対し、ポインターlongを32ビット化したもの。LP32は、longとポインターが32ビット、という意味である。

この環境は、古い32ビット環境にあるが、今では殆ど見られない。

特徴

一般的な32ビット環境であるILP32との最大の違いは、intが16ビットのまま残されたことである。

このため16ビット用に書かれたプログラムの移植性が高いと見込まれる。

但し、int型にポインターを代入するような不適切な処理をしているプログラムは、プログラムを書き換えないと移植できない。

リンク
用語の所属
データ型モデル
関連する用語
ILP32

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic