通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > CD
ML-R
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:エムエルアー
外語:ML-R: MultiLevel R
品詞:名詞

米Calimetrics社が開発した、マルチレベルレコーディングCD-Rで、CD-Rの3倍の容量を持つ。

目次
概要

記録マークの大きさを8種類にして反射率を変えることで、1記録マークあたり3ビット(log28=3)の記録が可能となり、CD-Rの3倍の記録容量とアクセス速度を実現する。直径12cmの媒体で2Gバイトの容量が実現できる。

機構や光学部分はCD-R用と共用することが可能で、ML-R用のドライブで既存のCD-R/RWの記録や再生も可能である。

特徴

姉妹品に、CD-RW相当の「ML-RW」がある。

リンク
関連する用語
マルチレベルレコーディング
CD-R
DDCD

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic