通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Windows > Widnwos 98・98・Me関連
Microsoft Windows Me
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト-ウィンドウズ-ミー
外語:Microsoft Windows Me: Windows Millennium Edition
品詞:商品名

Microsoftの開発したWindows 98 SEの後継バージョンとなるオペレーティングシステム(OS)。

目次
概要

MS-DOSベースのMicrosoft Windowsとしては最終版となる。2000(平成12)年9月23日発売。

バージョンはWindows Me ver 4.90.3000 (OEM版)。

特徴
由来

本来はWindows 98 SEが16ビットカーネルのWindowsの最終バージョンになるはずで、Windows 98 SE自体がWindows 2000が出るまでの中継ぎとされていた。

しかしWindows 2000のコンシューマー向けが出なかったことで、更に引き伸ばしが行なわれることとなった。

要求仕様

最低限のシステム構成としてPentium 150MHz以上、メモリー32Miバイト以上を必要とする。

なお駆動クロックが150MHzに満たないマシンにインストールしようとするとエラーメッセージが表示され、インストールできないようにされている。

新機能等

「Fast-Boot」と呼ばれる起動時間の大幅な短縮、システム復旧機能の搭載による再インストール回数の減少などが謳われている。

この他、次のような機能が搭載されている。

不熱心な販売

Windows XP(Whistler)発売までの単なる中継ぎでしかなく、MicrosoftもWindows Meに関しては全くといっていいほどPRをしなかった。

事実、デバイスドライバーの記述方法が既にWindows 2000とは異なるものとなっており、発売される周辺機器ではWindows Meには対応しないものもある。

完成度

インターフェイスはWindows 2000風のものを採用しているが、中身は従来のWindows 95シリーズであるため、たいていのソフトがそのまま動作する。

ただしWindows Meで新たに搭載された新機能のため、OS自体が非常に重たいものとなっており、128Miバイト程度のメモリーでは動作が不安定になりやすい。

とにかく不安定で、欠陥品とも呼ばれている。それが逆に愛くるしく見えたらしく、有志によりMeたんと称する擬人化も実現した。

リンク
用語の所属
Microsoft Windows
オペレーティングシステム
9X
関連する用語
Microsoft
Microsoft Windows 98
Meたん

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic