通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > マザーボード > スロット > PCIスロット
PCI Express 2×16
辞書:電算用語の基礎知識 計算機バス装置編 (TCPERIB)
読み:ピースィーアイ-エクスプレス-にかけるじゅうろく
外語:PCI Express 2x16
品詞:固有名詞

PCI Expressのうち、2倍速(2×)で、かつ16レーン(×16)であるもの。

目次
概要

PCI Expressの第二世代(Gen2)の一つである。

2倍速の仕様は、PCI Express 2.0から登場した。

なお、チップセットの性能説明で2×16と書かれている場合、×16(=1×16)が2スロット提供できる、という意味である場合がある。これと、PCI Express 2×16は全く意味が違うので注意。

特徴
速度

片方向1レーンのベアラー速度(物理層速度)は5Gbpsである。16レーンあるので、16倍の80Gbpsとなる。

8b/10b符号を使用しているため、片方向あたりの実質の転送帯域は片方向64Gbps、つまり8Gバイト/秒である。

各レーンは双方向あるので、双方向合わせれば倍の16Gバイト/秒が有効帯域ということになる。

主な用途

従来のPCI Express ×16では帯域が不足するような、ハイエンドのグラフィックカード用スロットとして使われると考えられる。

リンク
用語の所属
PCI Express

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic