通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > システム > API・BIOS・ドライバー > UNIX・Linux
SIGALRM
辞書:電算用語の基礎知識 計算機内部固件編 (TCAPI)
読み:シグ-アラーム
外語:SIGALRM: SIGnal ALaRM
品詞:名詞

シグナルの一つで、タイマー割り込みを表わす。

目次
概要

このシグナルはPOSIX.1-1990、POSIX.1-2001標準である。

本来の用途は、タイマー割り込み処理を通知するものである。

特徴

標準の動作はプロセスの終了である。

alarm()やsetitimer()関数などでタイマー割り込みを設定でき、alarm()では常に、setitimer()では設定により、SIGALRMがプロセスに対して通知される。

また、sleep()、usleep()などの関数は内部でalarm()相当を用いて実装されていることがある。nanosleep()関数はシグナルの影響を受けない旨がPOSIXによって標準化されている。

リンク
関連する用語
シグナル (イベント)
タイマー割り込み

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic