通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > システム > API・BIOS・ドライバー > Windows・MS-DOS > メッセージ
WM_COMMAND
辞書:電算用語の基礎知識 計算機内部固件編 (TCAPI)
読み:ダブリューエム-アンダースコア-コマンド
外語:WM_COMMAND
品詞:固有名詞

Windowsにおけるウィンドウ メッセージの一つ。様々な通知メッセージの送受信で用いられる。

目次
定義

UINT型の定数であり、WinUser.hで、以下のように定義される。

#define WM_COMMAND                      0x0111
仕様
引数

Win32/Win64
  1. HWND ‐ ウィンドウハンドル
  2. UINT ‐ 0x0111 (WM_COMMAND)
  3. WPARAM
    • WPARAM(HIGH) ‐ 通知コード
    • WPARAM(LOW) ‐ コントロール/メニューID
  4. LPARAM ‐ 送信元のウィンドウハンドル

Win16

かつてのWin16では、次のような仕様だった。

  1. HWND ‐ ウィンドウハンドル
  2. UINT ‐ 0x0111 (WM_COMMAND)
  3. WPARAM ‐ コントロール/メニューID
  4. LPARAM
    • LPARAM(HIGH) ‐ 通知コード
    • LPARAM(LOW) ‐ 送信元のウィンドウハンドル
返却値
特徴
動作

メニューが選択された、キーが押された、といった各種のイベントが通知される。

またアプリケーション内で、SendMessage()を用いて送信することもできる。

用途

Microsoft Visual C++であれば、メニューの項目、アクセラレーターキーなどに対応するコントロール/メニューIDはリソースエディタ等で定義することになり、各々は一意になるように管理される。

どのイベントが生じたかは、幾つかの判断方法がある。簡単には、コントロール/メニューID(Win32/Win64ならWPARAM(LOW)が該当)を見ることで判断できる。

他に、LPARAMをHWNDでキャストすれば送信元のウィンドウハンドルなので、これを保存して置いたハンドルと比較すればどのコントロールからの通知かを識別できる。

リンク
用語の所属
Microsoft Windows
ウィンドウ メッセージ
関連する用語
WM_CLOSE
WM_DESTROY
WM_SYSCOMMAND

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic