通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体 > 独自のデータ型・構造体
WPARAM
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ダブリュー-パラム
外語:WPARAM: Word Parameter
品詞:名詞

Microsoft WindowsAPIなどに使われている、Cの変数型の一つ。

目次
定義

Microsoft Visual C++ 2008環境では、次のように定義される。

従って、Win32プラットフォームではunsigned __int32Win64プラットフォームではunsigned __int64として定義される。

特徴
長さ

Win16環境では16ビット長、Win32環境では32ビット長、Win64環境では64ビット長である。

Win16環境では、WPARAMはUINTだったが、これは16ビット長であるのでWORDと同じ長さである。WPARAMの「W」は、WORD長から来ているものと思われる。

Win32以降では、これは単なる整数格納用変数ではなく、API関数によっては、ハンドル(つまりポインター)を渡すことも普通にある。実装上はUINT_PTRと同じ長さが保証されており、CPUのアドレス長以上の長さが保証される。

従って、現在ではWPARAMという名は過去の名残でしかなく、頭のWには何の意味もないものと言える。

用途

API関数の引数によく使われている。

例えば、WindowProcコールバック関数では、3番目の引数がWPARAM型である。

元々、Win16におけるWindowProcコールバック関数のWPARAM/LPARAMは、以下の用途であった(WM_COMMANDメッセージなどの場合)。

しかしWin32ではハンドルが32ビット化されLPARAM全体で表現するようになったため、Win32以降では以下のように変更された経緯がある。

リンク
関連する用語
LPARAM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic