通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 配信技術 > 音楽配信
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > 変換・加工 > 圧縮 > 音楽
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > > 音声 > 不可逆圧縮
Windows Media Audio
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル音像編 (PFAV)
読み:ウィンドウズ-メディア-オーディオ
外語:WMA: Windows Media Audio
品詞:固有名詞

Microsoftが1999(平成11)年に開発した音声圧縮技術。

開発コードネームは「MS Audio」だが、1999(平成11)年8月に公開されたWindows Media Audio 2.0から、この名が使われるようになった。

目次
特徴
音質、圧縮性能

原音の音質(CDクオリティ)を維持したまま、情報量を約1/20に圧縮可能であるとしている。

また、WMA9からは可逆圧縮であるWMA9 Losslessが追加され、音質劣化なく1/2〜1/3程度に圧縮可能であるとしている。

可逆圧縮性能としては、類似品の中では中堅の性能を有する。

配信技術

著作権保護機能のある配信技術、Windows Media Technologiesと組み合わせ、音楽配信の標準を狙っている。

バージョン

なお、WMVに力が注がれたのはWMP10まで、WMAに力が注がれたのはWMP11までである。WMP12は時代を反映してか、Windowsでも H.264/AVC + AAC in MP4 が主力となっているようである。

リンク
関連するリンク
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/
http://windowsmedia.com/
用語の所属
Windows Media Technologies
音声圧縮
WM
関連する用語
Windows Media Video
HD Photo
audio/x-ms-wma
audio/x-ms-wma-pro
audio/x-ms-wma-lossless

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic