通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > プログラミング
adb
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:エイディービー
外語:adb: Android Debug Bridge
品詞:商品名

Android SDKのplatform-toolsに含まれるツール。

目次
概要

abdは、adbサーバーとadbクライアントから構成されている。

まだadbサーバーが起動していないか、オプションで明示的に指示した場合に、adbサーバープロセスが起動する。

adbサーバープロセスは、5037/tcpで待ち受けを行なう。

adbクライアントは、5037/tcpに接続する。

adbサーバーとadbクライアントは、俗にadbプロトコルと呼ばれるプロトコルで交信する。

特徴
デバイスドライバー

デバイスドライバーが正しくインストールされ、USBで正しく認識された場合、Windowsのデバイス マネージャーでは「Android Composite ADB Interface」として表示される。

adbは、adb shellによるシェル起動が用途として多いが、実際には他にも様々な機能を持っている。

例えば、adb install filename.apk とすれば、接続しているデバイスに対して filename.apk をインストールすることができる。

複数端末

複数のAndroid端末を接続している場合、オプションで端末の選択をする必要がある。

「adb devices」で接続されている端末の固有ID(IMEIMEIDなど)が表示されるため、接続したい端末の固有IDを -s オプションで指定する。

例えば次のようだとする。

$ adb devices

000000000000000 device

この場合は、次のようにする。

$ adb -s 000000000000000 reboot bootloader

adbの再起動

adbは、起動すると一旦サーバーとして常駐する。

常駐したadbを再起動するには次のようにする。

$ adb kill-server

$ adb start-server

機能
主要機能

adbは多機能だが、よく使われる主な機能を以下に示す。

adb shell

Android端末にシェルログインする。

adb devices

USBデバッグモードで接続されているAndroid端末を一覧する。

adb push <ローカルファイル名> <android内パス>

ファイルをAndroid端末に転送する。

adb push hoge.mp3 /data

但し、リードオンリーの場所には(当然ながら)書き込めない。

またこの方法では、Androidのファイルシステムに影響を与えないため、音楽や映像などのファイルを送信した場合は、Androidに認識させるために再起動が必要である。

adb pull <android内パス> [<ローカルファイル名>]

Android端末のファイルをローカルに転送する。

adb push /data/hoge.mp3 hoge.mp3

adb push /data/hoge.mp3

ローカルファイル名は省略可。その場合はカレントディレクトリに同名で転送される。

adb install

アプリケーション(apkファイル)をインストールする。

adb install hoge.apk

adb uninstall

アプリケーション(apkファイル)をアンインストールする。

adb uninstall hoge.apk

adb reboot [<モード>]

端末を再起動する。

  • adb reboot ‐ 普通に再起動
  • adb reboot recovery ‐ リカバリーモードで再起動
  • adb reboot bootloader ‐ fastbootモードで再起動
adb logcat [<引数...>]

logcatコマンドを実行する。シェルログインせず実行でき、結果をファイルにリダイレクトすることも可能。

adb logcat -v time > log.txt

その他機能

他に次のような機能もある。

リンク
用語の所属
Android
関連する用語
Android Composite ADB Interface

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic