通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 出力装置 > 印刷装置
dpi
辞書:電算用語の基礎知識 計算機グラフィック編 (TCGRP)
読み:ディーピーアイ
外語:dpi: Dots Per Inch
品詞:名詞,長さ助数詞

1インチ(2.54cm)あたりのドット密度のこと。dpiの数値が大きくなれば、その分鮮明で綺麗になることを意味する。

目次
概要

スキャナーの場合は読み取り、プリンターの場合は印刷についての縦横それぞれの方向におけるドット密度の単位として使われる。

例えばスキャナーで250×500dpiとあれば主走査(リニアCCDの列)方向に対しては1インチ(2.54cm)あたり250ドットの解像度があり、副走査(リニアCCDの移動)方向に対しては1インチ(2.54cm)あたり500ドットの解像度があることになる。

プリンターの場合も同様に、主走査をヘッドの移動方向、副走査を用紙の進行方向と考えれば良い。

特徴

Androidなどでは、dpiを次のように分類している。

リンク
関連する用語
CPI
ppi

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic