通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など
far
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ファー
外語:far
品詞:名詞

x86系プロセッサーの16ビット環境(特にMS-DOSWin16)におけるCで使用されていた独自の予約語で、farポインターを宣言するもの。

目次
概要

IA-16向けの一部のCコンパイラーは、セグメントの有無という二種類のアドレッシング方式があるx86に対応するため、特殊な予約語を定義した。

特に何も指定しなければ自動的に適切な方式が選ばれるが、手動で選択したい場合、near/far/hugeのいずれかの予約語を付ける必要があった。

規格の流儀に則るならば、__far などとするべきだったが、最初にこの方式を考案したCコンパイラー実装者(おそらくMicrosoft)が作った仕様は、他と互換性がなくなる方式だったようである。

特徴

以下のように使用する。

unsigned char *p;

unsigned char far *fp;

near/farというよく使う英単語が予約語になってしまったため、特にこの用語を頻用する3D処理のプログラマーが困ったという。

リンク
用語の所属
IA-16
関連する用語
farポインター
huge
near

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic