通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > プログラミング > 開発・工程・手法 > コーディングスタイル
foo
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:フー
外語:foo
品詞:名詞

特に深い意味のないものを表わす時に用いる代名詞。変数名ファイル名などの例示に使われる。実際のプログラム中で使用されることは少ない。古くは車のナンバーや看板などの風刺画によく出現した。

目次
概要

語源は定かではないが、"FOO, Lampoons and Parody"(Charles and Robert Crumb、1958)というコミックから広がったという説、海兵隊が使っていた言葉 "fubar" を分けた説などがある。

なお、fubarは "fucked up beyond recognition" の略で、「めちゃくちゃの」という意味があり、さらにYeddish語の "feh"、英語の "fooey"といったものを加えた、複数の語源から生じた言葉だろうといわれている。

なお、「"Foo" の語源」と題したジョークRFCRFC 3092が、2001(平成13)年に発表されている。

特徴

foo、barの二つが多く使われるが、他に、baz zot qux quux corge grault garply waldo fred plugh xyzzy thudなどがある。

用例

改行コードがDOS形式のファイルをUNIX形式に変更するには、

% tr -d '\r' < foo.txt > foo.unix

とすれば良い。

派生など

実際には以下のように使用される。

規格で決まっているわけではないので、方言(?)のようなものも多数あるため、必ずしもこの通りとは限らない。

リンク
関連するリンク
http://www.puni.net/~mimori/rfc/rfc3092.txt
関連する用語
マサチューセッツ工科大学

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic