通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体 > 独自のデータ型・構造体
pid_t
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ピーアイディー-ティー
外語:pid_t
品詞:名詞

UNIXおよびPOSIX準拠システム(Linuxなど)のC/C++で使われる、プロセスIDを表わす型。

目次
書式

#include <unistd.h>

定義

FreeBSDの場合、次のように定義されている。

unistd.hほか

typedef __pid_t pid_t;

sys/_types.h

typedef __int32_t __pid_t;

machine/_types.h

typedef int __int32_t;

つまり、32ビット環境のFreeBSDでは、間接的にintで定義される。

特徴

実装により、intであったりlongであったり様々である。

ただしFreeBSDの場合、pid_t型の最大値とは別の制約により5桁の制限があるため、つまり0〜99999までしか利用できない。

リンク
用語の所属
_t
PID
関連する用語
プロセスID

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic