通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など
signed
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:サインド
外語:signed
品詞:名詞

C/C++予約語の一つ。整数型が符号付きであることを明示する。

目次
概要

当初のCであるK&Rにはunsignedはあったがsignedはなく、これはANSI Cから追加された。

一般的には、short/int/longはsignedであるが、charは処理系依存である。

通常は、signedの後にintやlongなどと記述して用いるが、これを省略しsignedとだけ記述した場合はsigned intであるとして処理される。

特徴
C/C++

C/C++の標準仕様において使われているものに、次のようなものがある。

また実装により、次のようなものも使われる。

Java

Javaには符号なしの整数型がなく、常に符号ありとなる。このため、C/C++で使われるunsignedやsignedは予約語に存在しない。

C#

C#は変則的だが、short→ushort、int→uint、long→ulongのように変数型の頭にuを付けたものが符号無し、uを付けなければ符号ありとなる。

従ってC#にはunsignedやsignedは予約語に存在しない。

リンク
用語の所属
C
C++
関連する用語
unsigned

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic