通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > TCP/IP・UDP/IP > IP > アドレス > 管理
クラスC
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:クラススィー
外語:Class C
品詞:名詞

IPv4アドレスの割り当てに関する戦略「クラス」の一つで、CIDR以前に使用されていた。

目次
概要

IPv4アドレスの上位3ビットが「110」であるものを「クラスC」とする。

クラスCは、上位24ビットをネットワークアドレス、下位8ビットをホストアドレスとする。

特徴

ナチュラルサブネットマスクは、255.255.255.0 である。CIDRでは「/24」に対応する。

使えるホストアドレス数は、28-2=254 である。

ドット記法で表現すると、範囲は 192.0.0.0〜223.255.255.255 となる。CIDR表記では「192.0.0.0/3や「192/3」と略記される。

リンク
用語の所属
クラス
クラスフルルーティング
関連する用語
IPv4アドレス
クラスA
クラスB
クラスD
クラスE
CIDR

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic