通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > システム・網 > 設備・装置・網 > 局内設備 > 交換設備
ステップバイステップ式交換機
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ステップバイステップしきこうかんき
品詞:名詞

電話交換の自動化が始まった当時に使われた電話交換機の一形式。1880年代(明治10年代)にアメリカのストロージャによって発明された。メーカー名のATM社から、これをA型と呼ぶ。1889(明治22)年にドイツのシーメンス‐ハルスケ社が類似の自動交換機を発明し、これはH型と呼ばれる。

セレクターと呼ばれる回転式の多接点スイッチ(ロータリースイッチ)を多数用い、それをダイアルパルスに従って電磁石で動かすことで電話交換動作を行なう。

リンク
関連する用語
クロスバ交換機
ディジタル式電子交換機
接点

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic