通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > セキュリティ
バースデイパラドックス
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:バースデイパラドックス
外語:Birthday paradox
品詞:名詞

誕生日に関するパラドックス(逆説、奇説)の代表例。

目次
概要

「あるクラスに30人の生徒がいます。この中に、誕生日が一致する組が1組以上あると思いますか?」

あなたはそのクラスの人の誕生日を誰一人分も知らないとして、この賭けは「ある」方が有利か「ない」方が有利か、という問題。

特徴

感覚としては無さそうに思えるが、実は「ある」確率が約70%と高い(クラスの人数が23人で確率が1/2を超える)。

これと同じく、ある関数にランダムな値を入れたとき、出てくる値がk種類あるとするなら(先の例ならk=365である)、1.2×k(1/2)回の試行で同じ値を得る確率が約1/2となることが知られており、この現象をバースデイパラドックス(Birthday paradox)と言う。

またこれを元にした攻撃手法は誕生日攻撃(Birthday attack)と呼ばれている。

リンク
関連する用語
誕生日攻撃
中間一致攻撃

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic