通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 技術 > 特徴
通信 > 用語・俗語 > 技術 > 速度・帯域
ブロードバンド (帯域)
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:ブロードバンド
外語:broadband
品詞:名詞

広帯域のこと。実際の帯域がどの程度かは、文脈依存である。

ITと同様に好き放題使われた結果、定義の不明な用語となった。

目次
概要

従来の通信よりも広い帯域を確保した方式を、従来のものと区別してこう呼ぶ。

その実現方法方法として、例えば、一つの伝送路はそのまま、周波数を変えるなどして複数の信号を送るCATVインターネットADSLはじめxDSLなどがこれにあたる。

この場合のブロードバンドはbroadband transmissionの略である。

特徴
定義は未定義

どの程度の帯域が実現されればブロードバンドであるかは、その時代によって変化する。

その昔は、一般家庭用では、ISDN(64kbps)よりも広帯域なネットワーク接続をいい、xDSL、CATVネットワーク、FTTHなどがこれにあたった。

企業用としては明確な基準はなく、ATM(155Mbps)以上をこう呼ぶ人もいれば、1Gbps以上でないとブロードバンドと言わない人もいる。

WANのレベルでは、1Gbps程度以上でこのように呼ぶ人もいれば、10Gbps以上でないとこう呼ばない人もいる。

専門的区分

このように、xDSLやCATVネットワーク、FTTH等は、一般家庭用としては現時点ではブロードバンドと言えなくもないが、WANなどで使われるブロードバンドと比較すると帯域が狭く、また長期的にはブロードではなくなる可能性が高いことから、ミッドバンドと呼ぶこともある。

ブロードバンドとミッドバンドの境界ははっきりしていないが、一般的な会話(マスコミなど含む)では、512kbpsや1.5Mbpsなどは(従来のISDNとかと比較して)十分「ブロードバンド」だが、バックボーンを扱うような人からみれば(現在は1〜10Gbpsが普通になりつつある)全くブロードではないので、ミッドバンドという用語がでてきた。

広告用語

インターネット普及し始めの頃、パソコンメーカーやゲームハードメーカーなどは、LANのインターフェイス(出始めの頃は10BASE-Tだった)さえ付いていれば何でも、すなわちLANケーブルを使ってインターネットに繋ぐことさえができれば何でも、「ブロードバンド」だと解釈していたようである。

例えばドリームキャストの世界では「LANアダプタ」はなく「ブロードバンドアダプタ」だったり、パソコンにLANのポートが標準装備されていれば「ブロードバンド対応!!!」などとパンフレットに大々的に載る。

これは今でも殆ど変わらず、定義は相変わらず不明だが、別途オプションを購入しなくてもEthernetに接続可能なものは概ね「ブロードバンド対応」と書かれている。

リンク
用語の所属
バズワード
BB
関連する用語
ブロードバンド (伝送)
ミッドバンド (帯域)
xDSL
CATVインターネット
ナローバンド

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic