通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 用語・俗語 > 技術
リーキーパケット方式
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術ATM編 (CTATM)
読み:リーキーパケットほうしき
外語:leaky packet method
品詞:名詞

ATM網などで用いられるトラフィック監視方法の一つで、トラフィック量を制限するための方法のこと。

概要

一定の割合で漏れのあるバケツを仮定し、セルをバケツに溜まる水量に見立てる。

バケツの漏れる量を規定量とすると、規定以内の場合には水量は増えないが、規定量をこえたセルはバケツからあふれることになる。

つまり、一定時間の猶予を持たせた上の制限量を規定することが可能となり、これに違反したセル、すなわちオーバートラフィックは、破棄されたり、遅延されたりなどの処置が取られる。

リンク
関連する用語
ATM
トラフィック

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic