通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 無線交信 > 法規・資格 > 資格
第一級陸上無線技術士
辞書:通信用語の基礎知識 無線・アマチュア編 (WAHAM)
読み:だいいっきゅう-りくじょうむせんぎじゅつし
品詞:名詞

無線従事者(陸上)の資格のうち上位の資格。略称「一陸技」。電波法第40条第4項イにて定義される。

目次
操作範囲

操作範囲については電波法施行令で次のように規定される。

試験範囲

試験範囲は無線従事者規則 第5条十四にて規定される。

十四 第一級陸上無線技術士

イ 無線工学の基礎

(1) 電気物理の詳細

(2) 電気回路の詳細

(3) 半導体及び電子管の詳細

(4) 電子回路の詳細

(5) 電気磁気測定の詳細

ロ 無線工学A

(1) 無線設備の理論、構造及び機能の詳細

(2) 無線設備のための測定機器の理論、構造及び機能の詳細

(3) 無線設備及び無線設備のための測定機器の保守及び運用の詳細

ハ 無線工学B

(1) 空中線系等の理論、構造及び機能の詳細

(2) 空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能の詳細

(3) 空中線系及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用の詳細

ニ 法規

電波法及びこれに基づく命令の概要

特徴

この免許では、第四級アマチュア無線技士の操作の範囲も扱うことができる。

アマチュア無線技士との違いは、アマチュア無線技士はアマチュア運用に限られるのに対して、こちらはプロ用途であるという点である。

リンク
用語の所属
無線従事者
関連する用語
第二級陸上無線技術士
第四級アマチュア無線技士

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic