通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 伝送符号(下位) > 符号
8B6T
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:はちビーろくティー
外語:8B6T: 8binary/6ternary
品詞:名詞

100BASE-T4100BASE-TXCDDIMLT-3方式で用いられている符号化方法。

概要

MLT-3方式では「+」「0」「-」という3つの値を利用できるので、8ビットの情報を6ターナリ(6桁の3進数)に変換して伝送する。

なお、6ターナリでは36で729値を表わせるので、この中から0や1が連続しない、伝送に適したパターンを256種類選び出して使用している。

また、8桁の情報が6桁となるので、理論上、動作クロックは6/8で済み、あまり高級でない(高周波特性の悪い)ケーブル(カテゴリー3など)でも高速な通信が利用可能というメリットがある。

リンク
用語の所属
8B
6T
関連する用語
MLT-3
100BASE-T4
100BASE-TX
CDDI

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic