通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 携帯電話 > サービス > デビット式携帯電話
電話 > 携帯電話 > 日本 > au > 契約プラン
CDMAぷりペイド
辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:スィーディーエムエイ-ぷりペイド
外語:CDMA prepaid
品詞:商品名

auが提供するcdma用デビット式携帯電話のサービス名。通常通話の他に、Cメール、発信者番号表示サービス、番号通知リクエストサービスなどが利用できる。

IDOのPDC方式の時代はプリペIDOというハイセンスなネーミングだったが、2000(平成12)年8月8日よりぷりペイドという毒味の無い名称に変更された。cdmaOne、CDMA2000方式のサービスはCDMAぷりペイドとなったが、後にauのPDCサービスは廃止されたため、ぷりペイドも廃止されてCDMAぷりペイドが残ることになった。

ダイアル手順は、まずぷりペイドカード購入後に "1400" にダイアルし、ガイダンスに従って登録する。その後、ぷりペイド専用端末の場合は相手先の電話番号をそのままダイアルして入力する。通常契約の端末の場合は "1401 + 相手先の電話番号" とダイアルして利用する。

ぷりペイドカードの種類は、1,000円(通話可能金額1,000円)の3枚組、3,000円(同3,300円)、5,000円(同5,500円)、10,000円(同10,000円)の4種類。登録可能期間は90日。登録後の有効期限は、通常契約の端末の場合はすべて365日、ぷりペイド専用端末の場合は額面の安い順から30日、60日、90日、365日。最大登録は10枚、60,000円分まで。登録後は残金の返却などはできない。"1400 + 発信 + 2" で残額の確認が可能。

通話料は国内はぷりペイド専用端末で6秒10円固定、通常契約の端末の場合は15秒10円固定。KDDIの001国際電話は、ぷりペイド専用端末、通常契約の端末ともに通話先地域によって6〜12秒20円。

DDIセルラーエリアでは "プリホン" と言う名称で提供されていたが、2003(平成15)年5月27日にCDMAぷりペイドと統合された。

リンク
関連するリンク
http://www.au.kddi.com/prepaid/
サービスの趣旨
デビット式携帯電話
関連するサービス
ぷりペイド
プリホン
関連する用語
au
DDIセルラー
IDO

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic