通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 無線交信 > 略語・略符号
CQ
辞書:通信用語の基礎知識 無線・アマチュア編 (WAHAM)
読み:スィーキュー
外語:CQ
品詞:名詞

無線交信において、無線局一斉呼び出しのための略符号。アマチュア無線などでも使われている。モールス符号では「― ・ ― ・ ― ― ・ ―」である。

目次
概要

「誰でも良いので、電波を受信した局は応答してください」という意味を持つため、この呼び出しに対しては誰が応答してもよい。

無線局運用規則の別表第二号の3では「各局あて一般呼出し」と定義されている。

特徴
使用方法

CQは3回以下だが、無線局運用規則 第127条では、無線局を一括して呼び出そうとするときは3回と決まっているので、次の手順となる。xxxxxxの部分は自局のコールサインで、実際はコールサイン3回以下となっている。

CQ CQ CQ DE xxxxxx K

条件付き

時に、CQの後に条件が付くこともある。

例えば「CQ DX」となれば遠距離のみ限定で、通常は外国を指す。

「CQ 西方面」となれば、発信地点より西に限定。もちろん発信地点は別途送信される。地球ぐるっと回って西、などというのはまず却下される。

「CQホレ」とすると、和文モールスで交信する局限定である。「ホレ」は一つに繋げて発信する。つまり「― ・ ― ・(C) ― ― ・ ―(Q) ― ・・ ― ― ―(ホレ)」となる。正式には「QOD6」というQ符号を使うことになっている。

パーソナル無線

パーソナル無線では群番号「00000」が該当する。

このため、これと同義の用語として00000(ゼロファイブ)も使われる。

リンク
用語の所属
CQ
関連する用語
一斉呼び出し
VVV
DX

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic