通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > 情報形式・ヘッダー情報 > 電子メール
Date
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術郵便編 (CTMAIL)
読み:デイト
外語:Date
品詞:名詞

メールヘッダーで、メッセージが送信された日時を表わすフィールド。

目次
概要

例えばノートパソコンで出先でメールを作って送信ボタンを押し、メールソフトの送信ボックスに格納する。

そして家に帰ってから実際にプロバイダーへ接続してメールが送信された場合には、出先で送信ボタンを押した日時がDateフィールドの日時として使われる。

RFC 2822によると、一つのメッセージに一つ必須である。

特徴
書式

書式は、

Date: Mon, 26 Mar 2001 18:01:11 +0900

のように、Date: の後に(曜日), (日) (月) (年) (時):(分):(秒) (タイムゾーン)となる。ただし、曜日は省略可能。

日付と時刻

RFC 822では年は2桁となっていたが、RFC 2822では2桁の年は生成してはならないが、解釈は出来なければならない、と改められた。

桁が不足する場合、00〜49なら2000を足し、50〜99もしくは3桁の場合には1900を足すことになっている。

また、RFC 2822からは秒が必須となった。

タイムゾーン

タイムゾーンについては、RFC 2822からはアルファベット1文字や3文字は使わず、UTCからのオフセットとして、+(東)か-(西)、4桁の数字(上2桁は時、下2桁は分)で表わすこととなった。

例えば日本標準時は+0900である。

また、UTCは+0000であり、-0000はタイムゾーン不明を表わす。

リンク
関連する用語
メールヘッダー
日本標準時
タイムゾーン
RFC 822
RFC 2822

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic